Loading

生まれた目的を達成する働き方3ステップ

『貢献果報の原理』は、報酬は後からついてくるという成功者が語る古典的な金言を説明してくれる。つまり報酬を発生させてしまう仕組みなのです。

貢献果報の原理

『貢献果報の原理』それは森羅万象のプログラムで、人間の営みにも寸分の狂いもなく運用されている法則です。それによると、全ての存在にはミッションがあり、地球にも共存共栄という掟があるということです。生命体はすべて「持ちつ持たれつ」という貢献関係で成り立ち、人生にもビジネスにも活用することで豊かさが循環します。つまり人生もビジネスも、目指すべきモデルは『花とミツバチ』の関係ということができます。

花は何より大切な財産である蜜や花粉をミツバチに採取されますが、それが種を維持し繁栄する最も効率のいい方法なのです。それを花はよく知っていると植物学者は言います。一方、花を唯一の糧とするミツバチも、花なくしては1日も生存することができません。彼らは高度に組織化した群れで採餌行動を展開し、花の生息域を遠くまで拡大するのに役立っています。

昆虫学者はミツバチが、花への貢献を意識している根拠はないと言います。しかし互いの繁栄を約束する最も完成された方法が、「貢献関係」であることを疑いません。地球のミッションである『共存共栄』の世界では、他者に貢献をするほどリターンが大きくなるのです。「貢献心」は、生存本能ということです。

ではこの貢献果報の原理を取り入れるにはどうしたらよいのでしょうか。何も難しくありません。はじめは「助けよう」、「協力しよう」という意識を対人関係とビジネスに反映させるだけで良いのです。そうすると物事は確実に加速し、好転していきます。我々が展開している「ミッショニング」とは、『生まれた目的を達成する働き方』ということができます。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP